プロフィール

初めまして、ゲンゾウです。
訪問いただきありがとうございます!

このブログでは、

アラフォーの普通のサラリーマンが、ゼロから物販ビジネスを開始してどこまで上り詰めることができるのか。

これを身をもって実践し、その過程を皆様に情報共有したいと思います。

僕は現在、外資系のコンサルティング会社でサラリーマンをしており、なかなかのハードワークです。また、いまは娘が生まれたばかりなので、僕の生活の中で家族との時間も重要です。

これから物販ビジネスを開始しようと思っている方の多くも、同じように忙しい毎日を送っているかと思います。

ですので、そういったいわゆる普通に忙しいサラリーマンが隙間時間を作って0からコツコツと地道に作業をすることで本当に稼ぐことができるのか?
というのをこのブログで検証していきたいと思いますので、同じような境遇の方は、ぜひ参考にしていただきつつ、一緒に頑張っていければなと思います。

ところで、

唐突ですが、僕は、人生のあらゆることはゲームとして捉えることができると思っています。
そしてそのように本気で思えると、毎日が最高に楽しく感じられるのです!

みなさんも昔子供の頃、ドラゴンクエストやファイナルファンタジー、スーパーマリオなどのゲームを夢中でやったことがあると思います。
テレビゲームではなくても、いわゆる何かを目的としたゲームをやったことのない人はいないでしょう。

とても楽しかったと思いますんか?

例えばドラクエでいえば、王様からボスを倒すように依頼され、新しい敵に遭遇したら、攻略法を考え、仲間とともに敵を倒し、経験値を積み、ゴールドを集め、武器を強化し、レベルを上げ、時には職業を変え、イベント(小さな目標)をクリアしつつ最終的にボス(大きな目標)を倒す。

そうした過程が全てワクワクして楽しかった。
僕は寝る間も惜しんでゲームをしてました。

そんな楽しいゲーム、実はこれと同じことが人生にもそっくり当てはめることができるんです。いわばリアルロールプレイングゲームです。

 

幸せの定義は人それぞれですが、人は皆、それぞれの幸せを求めて生きていると思います(大きな目標)。

その過程で人生には大小さまざまなイベント(小さな目標)が起こり、それをクリアしていくために様々な障害()を攻略し、経験を積むごとに自分が成長し、お金も増え、便利な道具も増え、仲間が加わり、そしてその障害を乗り越えてイベントをクリアしていく。そして最終的に幸せ(大きな目標)に近づいていく。

まさにロールプレイングゲームだと思いませんか?唯一死んだらリスタートできないという(来世があるかも?)点以外は、まさに人生はゲームなのだと思います。

このようなことを常日頃感じていたところ、やはり同じように考えている人がいて、その人はもっと体系的に深く考えており1冊の本にまとめています。

人生ドラクエ化マニュアル

この本は本当にオススメです。
少しでも上記の僕の考えに共感していただける点があったら是非読んでみてください。

その本から一部引用します。

人生を楽しいゲームにするために必要なことは、
ワクワクするような目的(夢)を自ら設定し、
世の中の本当のゲームルールや自分独自のマイルールを創造的にゲームプレイに活かしながら、
その目的(夢)実現を邪魔してくる敵(障害)を攻略しがいのある楽しいパズルやモンスターと捉えた上で、
今日の今、この瞬間の、その敵達との闘いを思いっきり楽しむ事!

まさにその通りだ!と感じました。

思えば僕も、子供のころから自分で目的を設定しては時には勝利し、時には敗北しての 繰り返しでした。
例えば、、

第1章 幼児期編

幼稚園をサボりたい(目的)と思い、親(敵)に見つからないように近くの公園でサボって隠れていた(攻略)ところ、先生(敵)からの通報で近所の人たち(敵)の捜索によりあえなく失敗(敗北)。

小学校の頃、荒れていた公立中学に行きたくないから別の私立中学に行きたい(目的)と思い、
受験(敵)に合格するために塾に通って(攻略)勉強するも、あえなく失敗(敗北)

第2章 思春期編

中学校の頃、当時のアイドルグループに憧れてバク宙をしたい(目的)と思い、練習場所がないという障害(敵)があるも、近所の児童館に通って(攻略)体操選手のビデオを研究し(攻略)、ついにバク宙を習得してみんなに披露(勝利)
※先日やってみたら頭から落ちましたが。

そして自分に自信を持てるようになった僕は調子に乗って、好きになった女の子と付き合いたい(目的)と思い、その子(敵?)にプレゼントを買い(攻略)告白するも、たくさんの友達(仲間?)に草陰から見られているなか盛大にフられる(敗北)

第3章 青春期編

高校生の頃、ロックギタリストに憧れ、ライブをしてモテたい(目的)と思い、授業(敵)にほとんど出ずにバンドの仲間とともに練習をし(攻略)、留年の危機(敵)をギリギリ乗り越えつつ、卒業ライブで大いに盛り上がり大成功(勝利)

勉強を全くしなかったので成績は学年で常に下から2番目。大学には行きたかったのと、どうせ勉強するなら上を目指そうということで当時李私立大学で一番偏差値が高かった大学を志望校(目的)に勉強を開始。選択科目の社会を一番簡単と思われる「政治経済」にしたり(攻略)薄い英和辞書をAから順に丸暗記したり(攻略)して、同じ境遇の友達(仲間)と切磋琢磨しながら1浪後に合格(勝利)

第4章 低迷期編

大学の頃、この頃は今考えると一番目的なく日々を過ごしてしまった時期でした。
毎日楽器を弾いたり曲を作ってバンドをしたり、彼女と遊んだり、バイトをしたり、
毎日毎日を刹那的に楽しんでいました。
確かに楽しげでしたが、心の底からの楽しさや充実感はなかったのかもしれません。
ゴール設定は、人生の充実にとってやはり必須なのだと思います。

第5章 フリーター編

就職活動もせずなんとなくフリーターになった僕は、ある日あるきっかけで弁護士になりたい(目的)という突拍子もないゴールを設定。
当時ロースクール制度もなかったので強豪ひしめくなか合格率2%の司法試験に通らなければなりませんでした(強大な敵)。
法学部でもなかったので正に0から開始して必死に勉強するも(攻略)、フリーターをしながら8年間頑張った結果は8連敗で敗北。とてつもない挫折感に一時期うつ病になってしまいました(大敗北)。

第6章 サラリーマン編

鬱状態のなか、人生はゲームにすぎないから楽しんだもの勝ちだと悟った僕は、まずは生活の基盤を整えようということで当時アルバイトとして勤めていた会社に就職。
もともとサラリーマンには興味がなかったのだけれど、どうせなら頑張って会社に貢献してマネージャーまでは昇進しよう(目的)と奮起し、いろいろな壁や障害(敵)を多くの仲間の力を借りながら乗り越え(攻略)、7年後にマネージャーに昇進(勝利)

第7章 飛翔編

そして今、サラリーマンになってからの目的を達成した僕は、このままサラリーマンを続けていくことの情熱はなくなってしまいました。

そして、一度きりの人生、もっともっと楽しみたい、会社を辞めて自分で人生をコントロールしている実感を味わいたい!という気持ちが抑えられなくなりました。
かといって、結婚し子供も産まれ住宅ローンを抱える身としてはすぐに会社を辞めることはできません。

そこで悩んだ結果たどり着いたのは、会社を続けつつ子育てもしつつ、隙間時間を作って副業をして稼げるようになったら会社を辞める!
という結論でした。
そして、副業として選択したのは、隙間時間でも開始できる物販ビジネスでした。

甘いというご意見の方も多いかもしれません。

けれど、これは僕にとっての人生ゲームです。

つまり、
ゴールが「物販ビジネスで稼いで会社を辞めて時間的経済的精神的自由を手に入れる!」という、僕にとっての超楽しいゲームです!

目的が達成されると信じて、日々少しずつでも攻略を考えて障害(敵)を乗り越えていく、そのゲームを楽しめばいいと思っています。

最後に

これを書いている今の僕は、ロールプレイングの主人公でいうと、
レベル : 0
経験値 : 0
知識 : 0
所持金 : 自由にできる軍資金70,000ゴールド(円)
仲間 : このゲームを許してくれた家族
武器 : ノートパソコン

こんな状態です。

そして、想定される障害(敵) は、

  • 時間がない
  • 売れない
  • よくわからない
  • お金がない
  • クレーマー
  • 悪質な業者

など、たくさん考えられます。

これから僕は、目の前の障害(敵)をひとつひとつ攻略し、それをここに記録していきます。

読者の皆さん(仲間)と一緒に、物販ビジネスというとてもやりがいのあるゲームを楽しみたいと思います!

時には迷走することをあるかもしれませんが、それもまた人生(笑)温かく見守っていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ゲンゾウ

更新日:

Copyright© 物販ビジネスで自由に生きていく! , 2019 All Rights Reserved.